【採用ブログ】No.9 私の新入社員時代2(入社2年目SE職)

  • コラム

重要なのは「伝える力」

大学で情報工学を学んでいた私は、IT業界で就職活動を開始しました。

人事担当の名越さんより、採用サイトを通してメッセージをいただいたことが

きっかけで、今に至ります。

アイセルに入社後は1ヶ月間の新人研修を受け、現在の部署に配属後、

3ヵ月間のOJTという流れを踏んで、実務に入らせていただきました。

大学時代はC言語、HTMLなどを学んでいましたが、プログラミングスキルに

自信がなく不安な気持ちで入社したのを覚えています。しかし、1年間の経験

を得て、現在はPHPjavascriptCSS等を使って採用サイトのカスタマイズを

担当させていただけるまでに成長しました。

私が新入社員として1年間過ごして感じたのは「コミュニケーション能力」が

特に重要であり、どんな場面においても役立つということです。

コミュニケーション能力と聞くと勘違いしてしまいがちなのが、場を盛り上げ

るのが上手い、友達が多いといったこと人をコミュニケーション能力が高い

人間であると思われていることです。厳密にはプライベートでの

コミュニケーション能力としては正しいのかもしれません。

しかし、私が感じた仕事で求められるコミュニケーション能力は

「伝える力」です。自身の仕事の進捗状況、進捗が遅れているのであれば一体

どんな壁に躓いているのか?

こういったことを正しく伝えられないと、発生してしまうのは「納期」に

間に合わないということ。どんな仕事にも期限というのはあります。私も

OJTを終えた後に、大きな案件の実装を担当する機会を与えていただきました。

しかし、作業状況を上手く伝えることができずに時間を使いすぎてしまいました。

システムの仕様変更が発生した時には、上記が原因で予定の時間をさらに超えて

しまいチーム全体の進捗を遅らせる結果にもなりました。

この経験から私が意識したのは、自身のスケジュールを常に考え行動すること。

やらなければいけないことと、それに使える時間を考えることで自身の進捗状況

を把握しました。進捗状況をチームリーダーに正しく報告することで、悩んでいたり

遅れているようであれば、アドバイスをいただけます。

一人で課題を解決する力も大事なのですが、努力する時間と諦める時間の配分は非常に重要だと今では感じています。